【書評】「時間が貯まる魔法の家事ノート」を自分なりにアレンジしてみた

こんにちは。danskblomstです。

先日こんな本を読んでみました。

「魔法の家事ノート」
三條凜花/2017年3月

本書では、あらゆる家事や家族の情報をルーズリーフに書き込んで、記録として残しておくという技術について伝えています。

三條凜花さんについて

1988年生まれ。東京都在住。整理収納アドバイザー。夫と11か月の長女、2匹の猫とワンルームのマンションに暮らす。2015年に開始したブログ「365日のとっておき家事」が人気に。『ESSE online』にて連載中。本書が初の著書。

著者は、すごいマメにノートにいろんなことをまとめていて、ノートを書くこと自体がお好きなようです。

目次だけお見せしますが、こんな感じで、様々な種類のノートを作成されています。

正直な感想

今回はアマゾンのレビューは読まずに借りたので、タイトルだけ見て、内容は家事を楽に管理できるようなノートが作れるんだったら!と思い、読んでみました。

実際は、うーん。

ノートを書くことが目的になってしまっていて、家事を効率よくこなしていくための方法ではなかったようです。

著者のようなノートを作ろうと思ったら、かなりの時間と几帳面さが必要かと思いますので、わたしのような家事をする時間のないワーママには、ハードルの高すぎる内容だと感じました。

そして、わたしのようなずぼら主婦には、どんだけマメにリストを作ったとしても、その作ったリスト自体を忘れてしまう、もしくは理想的なリストを作りすぎて、実際できない自分にイライラしてしまう可能性が非常に高いと思います。

わたしなりのアレンジをしてみる

ただ、家事をリスト化して、一覧にまとめておくということは、あとあと、役に立つこともあるかと思うので、今回の本の内容をわたしなりにアレンジして、実践してみたいと思います。

1.家事を頻度ごとに分けて書き出してみる

今回わたしのやっている家事をおおまかに頻度に分けて書き出してみました。

【毎日の家事】
・食器洗い
・食事の用意
・洗濯機をまわす
・洗濯物をしまう
・保育園の用意
・食後に掃除機をかける
・お風呂を洗う

【週に1回の家事】
・バスタオルを洗う
○家計簿を記録する
・大きい掃除機をかける
・フロアシートで掃除する
・洗面所を磨く
・お風呂のカビ取り
・トイレ掃除
○育児記録
・シンクの掃除

【月に1回の家事】
・加湿器の掃除(サインが出たら)
○家計簿の月ごとの収支を出す
・日用品の注文
○アルバムにしまう写真を印刷する
・書類の整理

【季節ごとの家事】
・衣替え
・布団のクリーニング

【年に1回の家事】
○カーテンの洗濯
○エアコンの掃除
○換気扇の掃除
○トランクルームの整理
○子供の作品の整理

2.無意識家事と意識家事に分けてみます

さて。こんな感じで書き出すことができました。

この家事を見ていて、一つのことに気づきました。

箇条書きにしていますが、・で始まっている内容は、意識せずとも日々のルーティンでだいたい決まって出来ている家事を示しています。

もうひとつの○で始まるものは、意識して「これをやる!」と決めておかないとついついやらずにほったらかしてしまう家事です。

そう。家事も、無意識に自ら進んでやっている家事と、意識しないと絶対やらない(めんどくさい)家事に分けられるんですね~。

3.意識家事の管理方法

さて、無意識でやっている家事は別にほっといても、自分が自ら体を動かしてついついやってしまう家事なので、ほったらかしておいても、勝手にやるでしょう。

一方の意識しないと絶対やらない家事たちは、なんらかの管理をしておかないと、絶対やりません。

これは断言できます。

めんどくさくて、絶対やりません笑

そこで、わたしは今回Googleカレンダーを使って管理してみることにしました。

1.Googleカレンダーの、「リマインダー機能」を開く
2.意識家事をやる日を適当に決める
3.やる頻度にわけて、リマインドが届くようにする

はい、かんたん!
めっちゃかんたん!

以上です。

これで、忘れないようにリマインダーが届くようになりました!

ぱちぱち。

すごいねグーグル先生。

これで、1年越しの家事とかもばっちり管理することが出来ます。

しかも、Gmailを使っている方は、Gmailにリマインダーが届きますので、これまた忘れることはありませんし、完了するまでメールを残しておくようにすれば、ちょろっとくらい家事をする日を延期しても問題ありません。

さいごに

以前の記事にも書いたのですが、家事は手抜きで全然かまいません!!ですが、ある程度の清潔感や暮らしやすさを保とうと思うと、やはりやるべきポイントは押さえておきたいものです。

この家事のリストも人によって、全然内容が変わってくると思います。もっとたくさんやっている人もいれば、もっと少ない人もいて良いと思います。

リストを作ってみると、「あ。もうちょっとここを重点的にやりたいな」とか「こんなん別にやる必要ないやん!」とか新たな気づきもあると思いますので、時間のあるときに、ちょこちょこっとメモしてみてはいかがでしょう。

Googleカレンダーでの管理もおすすめですよ。